sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

iPad商標訴訟でアップルが負ける?

      2012/09/25

iPadの中国での商標利用について、ひょっとしたらアップルが負けるかも知れません。

 中国の裁判所の裁定によっては、Apple社は3,800万ドルから16億ドルを支払わなくてはならなくなる可能性がある。背景を解説。

「iPad商標権侵害」Appleに賠償命令の可能性も 中国裁判所+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

解説が長いので要約しますが、アップルは台湾の会社からiPadの商標権を55,000ドルで買いました。けれどそのまま中国にもってたら中国はこの会社の関連会社が商標権を持っていて訴えられました、という2つの中国を絡めた問題。

中国の裁判所がApple社に有利な判決を下さなかった場合、同社は3,800万ドルから16億ドルを支払わなくてはならなくなる可能性がある。

ぐぬぬ・・・。中国での裁判の公正性に個人として疑問なところもありますが、状況的にもアップル不利ですね。最大16億ドル!なんかそれだけで貿易収支(じゃないな)とかの数値に若干ヒットしそうな・・。
そもそもなぜ関連会社なのにこの件でもめるか、というと・・・

Apple社は、2006年に台湾Proview社から商標権を譲り受けた際に、取引に関心を集めないために、英国を本拠とするIP Application Development社という会社を通しており、Proview社はApple社との関連を知らなかった。

こういうやり方なんですね。グローバルな商標権保護のための手法の一例ですね。けどそれが今回はアダとなってしまったようです。台湾Proview社からしたらだまし討ちっぽいですし。

中国はApple社にとって重要な市場であり、悪影響も懸念されるが、967億ドルの現金を保有する同社にとっては、Proview Technology社が求める「3,800万ドルから16億ドル」はたいした問題ではないかもしれない。

まぁそれより負けたときの将来的なロスのほうが大きいでしょうが・・・。

 - iPhone/iPad, トピック , , , ,