sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

iPad、Macの販売台数を超える見込み

      2012/03/27

アナリスト予測より。

アナリストによると、「iPad」の出荷台数は2010年9月までに、Appleの「Mac」コンピュータを超える見込みだという。また、今後発売予定の「iPhone 4G」の製造台数は9月までに、1200万台に達する見込みであるという。

「iPad」、出荷台数で「Mac」を超える見込み–アナリスト予測 – CNET Japan

まぁ凄い勢いですね。このあとにiPhone 4G(iPhone HDでしたっけ?)もありますし、とどまるところを知らない感じですね。

 Rodman & RenshawのアナリストであるAshok Kumar氏は米国時間5月28日、「9月の四半期(7-9月期)までに、iPadの販売台数はMacを超える見込みである。Macの四半期毎の販売台数は、平均で約300万台である」と電話インタビューで述べた。iPadの出荷台数は、9月の四半期までに、「容易に」400万台に達するだろうと、Kumar氏は述べた。

Macは四半期で300万台、月100万台なんですね。Appleを対象にしているのでワールドワイドでの数字だと思いますが。それに対してiPadとiPhoneで月500万台。
iPad、iPhoneともにざっくり単価5万だとして2500億(!)。
Macは・・・お高いんで仮に10万として3000億(!!)
両方とも末端価格なんで実際はこれより下になると思いますが・・・・
・・ということは普及はするけどアップルが以前より安いものを売っている、ということですね。まぁ通常はメインで売っているものを値下げして売るので、それでも成功してるとは思いますが、基本的な捉え方はそういうことだ、と。

しかし。iPhoneは通話料収入をAppleが取ってたはず。
となるとみんながお調子にのって使えば使うほどレベニューシェア部分がつみあがってくるわけです。てかiTune Storeで買い物したら、その代金と通信料のレベシェア両方取れるんだもんなー。(無線LANだとだめですが)

 - iPhone/iPad, トピック , , , ,