« 高橋メソッド | メイン | TowCaddy »

PPC代理運用の落とし穴?

噛み付くつもりはないのですが・・・ちょっと気になったもんで。

先日、大手代理店から独立された企業さんとお話しする機会があり、その時にお互いアツく語った内容から、現状のPPC代理運用の「落とし穴」が浮き彫りになったので、ちょっとその辺りを記述してみたいと思います。

PPC代理運用の「落とし穴」をちゃんと理解していますか?
SEO対策レポート|SEO Measures Report

何が「落とし穴」なのかなー?と思ったのですが、その前に通常のPPC、いわゆるOvertureやらAdWordsやらを販売している代理店の仕組みって、

この代理運用費ですが、15%~20%で運用されるのが一般的です。 正規代理店であれば、その費用は20%と定められています。

となってるんですね。で、おっしゃってるのは、

ちなみに広告費用の2割と言えば、大手企業になると相当な金額です。例えば、月に1000万円かかっているとすると、200万円が運用費として支払うことになります。

僕は、以前からこの仕組みに疑問を感じていました。
対象の企業、商品、サイト、そしてキーワードによって、この代理運用費は変動されるべきです。

と。

まぁ1000万で200万、となると大金ですけど、その前に月1000万てことは年間1.2億を使うわけです。広告宣伝費のうちのPPC広告分それだけで。それって結構な規模でオンライン広告に投資されている企業さんなのですごく極端な例だなぁ、と思います。実際は月数十万てとこなので、20%上乗せして数万円てとこです。

あと挙げられているような企業やサイト、キーワードなどで変動する、という方式はクライアントの説明がすごく難しくなります。お金を頂く以上「なぜうちが高いんだ」という部分はちゃんと説明できないとダメですし、そもそもその算定も手間です。20%乗っける、ということは粗利16%のビジネスですから成り立ちません。実際その手数料も値引きしている所が多々あると聞いています。

そもそもここでおっしゃっている「1000万円」というのはOvertureであれば代理店からそのままOvertureやGoogleに行ってしまう「原価」で、代理店は残りの200万の部分で食っていくわけです。
ある月に1000万円分掲載したとすると、翌月には媒体社に1000万の支払が発生しますが、万が一お客様側で不払いとかがあると200万の部分なんて5か月分吹っ飛ぶんですね。200万もいわゆる「粗利」なのでここから給与やら家賃やらその月にかかったコストを捻出すると利益なんてほんとに残りません。これらの支払は会社が潰れない限りとめられませんから実際には1ヶ月の不払いで1年分ぐらいの営業利益は軽く飛びます。

そして、おかしなことと言えば、代理店と契約すると必ずといってよいほどセットで付いてくる、クライアント企業へ訪問しての報告会なるものです。大体僕の経験から察するに、一月一回の報告会というのが大多数です。

まぁ実際は代理店の担当者に「1位から落ちてる!」とかって電話がガンガンかかってくる、という話だと聞いてますが・・・w
まぁWebマーケティングのスピードを考えると月1では少ない、というのも分かります。けれど大体こういう営業スタイルだと1人or1チームで10前後のクライアントを持つらしいのですが、営業日で考えると2日に1日はお客様訪問。残りの日は資料作り・・・という感じになるんでしょうかねぇ。そう考えると結構対となスケジュールですね。

それに代理運用は、毎日そのクライアントの為だけに画面に張り付いて、朝から晩まで運用をしていると思いますか?

答えは否です。

そりゃそうですよ~。実際そこまでリアルタイムでレポート出るわけでもないですし。アウトソースとして捉えるのであれば、受ける側の会社がそういうこと(=コスト高なこと)をしていると逆に潰れないか普通は心配です。アウトソース=機能の受託とそれにまつわる固定費の削減ですから。急に潰れちゃうと身動きがききません。
また、代理運用ではなくて自社運用だったとしても、担当者にPPCだけを張り付きで見させられる企業ってのはすごく限られてると思います。普通はなにかの業務の一環だったりするはず。

「代理店が変わって、その効果が変わった!」といったことを経験された方もいらっしゃると思います。けれどもこれは単に、代理店が広告費にパーセンテージをかけて、自分達の売上を確保していることからくるものだったりするのです。

これは代理店にもよりますが、効果の変化はあるはずです。他社さんの事例がノウハウとして生きていれば、ですが。集約することでノウハウの提供ができる、というのが外注の強みであって、自社でやる場合はそのノウハウの構築をゼロベースでやる、つまり費用対効果が悪い状況も受け入れる前提でやるしかないからです。

・・・とまぁ色々書かせていただきましたが、なんでこの記事を取り上げたかっつーと、前のビジネスエキスプレスの話みたいに、枠組みだけ捉えてブログで書いてそれなりの体裁で出しちゃうと、それが正論!みたいな感じに見えちゃうのがちょっと怖いなぁ、と思って。
私なりの意見を出してみた次第です。



« 高橋メソッド | メイン | TowCaddy »

googleOverturePPCYahoo!


PPC代理運用の落とし穴?』に関連する記事


なかのひと