メイン

ブログのスパム「スプログ」

 電子メールの厄介者だったスパムが、ブログの世界向けに生まれ変わった。そして「スプログ(splog)」と専門家が名付けたこの問題に関して、Googleが非難の矢面に立たされている。
ブログスパムの悪夢--「スプログ」でグーグルのBloggerが大混乱 - CNET Japan

あー、これってコメントスパムでしょ?…と思ったら違うんですね。

攻撃者(スプロガー)は、自動化ツールを使ってBlogger-BlogSpotサービスを操作し、特定のウェブサイト(住宅ローン、ギャンブル、タバコなどの各種サイト)へのリンクを張り巡らせた数千件もの偽ブログを作成する。その目的は、リンク元の多いページを探してウェブを動き回る検索エンジンのスパイダーをだまし、検索結果に不正に手を加えて各サイトへのトラフィックを増加させることだ。

最初なんのことか分かりませんでしたが、自動でブログ登録をしてリンク満載のエントリをバスバス作って、すごい大きなリンクファームを作っちゃう・・・という事みたいです。

これだけだと迷惑なのはGoogleグループだけなんですが、実際とてつもない量のブログが出来たのでユーザーさんも迷惑したとか、更新をメールで取ってる人とかにも恐ろしいメールの量が行ったとか・・・やっぱり「スパム」なんですね。

これらの偽造ブログは、数千件のRSS(Really Simple Syndication)フィードや電子メール通知も生成したため、RSSリーダーや電子メールの受信フォルダが大量のデータであふれる事態となった。

メールのスパムとは違ってもひとつ高度なワザが必要でしょうが、インパクトも結構でかいですね。
ブログが無料で作成できちゃうのも今回の問題を助長したような・・・。



メイン

GoogleRSSスパム


ブログのスパム「スプログ」』に関連する記事


なかのひと