メイン

iTunes4.9でポッドキャスティング。

20050707itunes.gif前回お知らせしたiTunesでのポッドキャスティングサポートを使ってみました。すげー、なんですが、その中でやはり、Apple Music Store謹製のプログラムは良くできてました。それが「iTunes New Music Tuesday」です。

プログラムの内容は色々な楽曲を紹介する、ま、FM音楽番組的な内容で、結局ミュージックストアの販促ではあるんですが、さすが謹製、きっちり作られてるんですね。ポッドキャスティングというよりiTunesとiPodに最適化してスマートにやってみましょー、という感じもします。

こんな感じ。どういうことかっつーと、普通にiTunesからフィードを読み込んで再生が始まると、再生・早送りとかのインターフェイスの横にプルダウンメニューが出てきて、そこに番組中のプレイリストが出てくるんですね。紹介曲のジャケットプレビューと一緒に。

で、好きなのを選択するとなんと!その曲の紹介の所に飛んでいっちゃう。そして左メニュー部のアートワークもそのジャケットに!これはすごい!さらっとプルダウンを見てよさげなやつを選択したり、気に入らないジャンルのやつはさっさと飛ばしちゃったり、ってのが可能なわけです。

つまり1曲の中にチャプターがあるんですね。DVDとかでチャプター自体はおなじみだと思いますし、実はCDとかもチャプターはつけられるので当然ちゃー当然ですが、iPod自体がやはりポピュラーミュージック中心で使われていて楽曲の長さも5分前後とかですから今まであまり必要はなかったわけです。

それがポッドキャスティングで楽曲ファイルの内容が全然変わっちゃったので当然チャプター需要は復活するわけですが、それをこういう形で使う事で単純に「ちゃぷたー」ではなくて、この音楽プログラムのインターフェイスにしてしまってるあたり「おー!」と感動してしまいますた。

実はiPodで使われているAACフォーマットベースの「Enhanced Podcast」という規格だそうで。
この辺りは同じくポッドキャスティングプログラムの「Inframe Casting」の7/5版で詳しく説明が聞けました。このフィードなんと日本語です。某おちゃめな社長ブログから知ったのですが、なかなか内容もよさげです。

C O U L D
ポッドキャスティングのフィードは
http://www.yasuhisa.com/could/rss-pod.xml
です。

ポッドキャスティングって・・・引用できないねw

このフィードで語られている通り、やっとこオープンで標準化されそうなRSS2.0をプロプライエタリ的なところに落としてしまうアップルのアプローチは全体的にネガティブですが、企業的にはオーソドックスなアプローチでかつ私的には「すげー!」なので、今後それがスタンダードにまた逆取り込みされればそれでいいんぢゃないの?と思ってます。HTMLもそんな感じですしねw

今回のiTunesリリースはマクロ的にはやっぱこういう一般的なソフトウェアでマニアックだったポッドキャスティングの膨大なフィードがリストされる、つまり導入障壁がすごく下がったことに尽きると思うんですが、ミクロなこの謹製プログラムが個人的にはかなり注目でした。



メイン

AppleiPodRSS


iTunes4.9でポッドキャスティング。』に関連する記事


なかのひと