sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

AppleがiAdを発表。

      2012/04/16

iPhone OS 4.0の話がいろいろと出てきていますが、その中で1点気になった話が。

【7】モバイル広告”iAd”
iPhone OS 4の中にビルトインされるそう。”iAd”は、開発者がフリーのアプリをフリーのままにするための収入モデル。ユーザは検索ではなくアプリで時間を過ごしている。ユーザのアプリ利用時間の平均は1日約30分。広告を3分に1回だせば、1日10広告。1千万台のiPhoneがあれば、1日10億インプレッションになる。これからはアプリ内広告がくる。iAdはアップルが広告の販売およびホスティングを行い、開発者のマージンは60%。

Tech Wave : iPhone OS 4.0の新機能を一覧で。モバイル広告の”iAd”の詳細も明らかに【三橋ゆか里】

要はアプリ開発者に公告モデルでの収益を確保できるプラットフォームを提供する、ってことですね。今のソーシャルアプリのプラットフォームの話にも近いものがありますが、アプリ提供者からすると、有料アプリのプライシングに悩まなくていい分開発に集中できる環境、ということですし、その分裾野が広がる事にはなるでしょう。

他の部分ではApple(またはJobs)はAndroidに相当対抗心を燃やしているようですが、このiAdの仕組みの次にアプリベンダーが望むことって、Androidとかとのボーダーレス化、開発の再利用化だと思うんですけどね。

まぁいずれにせよこうやってまたネットのコンシューマー無料化にひとつ拍車がかかるわけですね。

 - iPhone/iPad, トピック , ,