<カード>平均保有枚数は2.1枚 主婦層の保有・利用が急増 | sima2*blog

sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

<カード>平均保有枚数は2.1枚 主婦層の保有・利用が急増

      2012/09/25

<カード>平均保有枚数は2.1枚 主婦層の保有・利用が急増
 日本信販が3日発表したクレジットカードの消費者調査によると、カードの保有枚数は1人当たり平均2.1枚だった。同社は調査を2年おきに実施しているが、前回調査より0.5枚も急増し、77年の調査開始以来過去最高となった。過去2回の調査では減少していたが、「年会費無料のカードが増えたため」(同社)、6年ぶりに増加に転じた。特に、主婦層で保有・利用比率が伸びていることが目立った。

<カード>平均保有枚数は2.1枚 主婦層の保有・利用が急増
 日本信販が3日発表したクレジットカードの消費者調査によると、カードの保有枚数は1人当たり平均2.1枚だった。同社は調査を2年おきに実施しているが、前回調査より0.5枚も急増し、77年の調査開始以来過去最高となった。過去2回の調査では減少していたが、「年会費無料のカードが増えたため」(同社)、6年ぶりに増加に転じた。特に、主婦層で保有・利用比率が伸びていることが目立った。
 今回は、03年10月に首都圏と京阪神圏の848人を対象に調べた。
 カード保有率は78%と前回調査比6ポイントも増加した。1年間に1回でもカードを使ったことのある人の比率は71%で同12ポイント増と急増し、カード利用が一層浸透してきたことがうかがえる。専業主婦の保有比率は83%と同9ポイントも増えた。利用に応じてつくポイントを目当てに、カードを利用する主婦が増えているためとみられる。
 1回当たりの平均利用金額は1.8万円と同0.4万円も減少した。過去最高だった93年調査の3万8000円から5回連続で減り、半減した。逆に、1回当たり1万円未満の利用が47%と同7ポイントも増加しており、小口の支払いに気軽に使う人が増えていることを示す結果となった。
 カードの使い方で急増したのは、携帯電話料金やインターネットショッピング、チケット購入代金の支払いなど。鉄道の切符購入や大型スーパーでの利用も増えた。
  【小林理】(毎日新聞)
[3月3日19時55分更新]

 - トピック