sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

鉄器時代の整髪料・・・うーん、マンダム。

   

[ロンドン 7日 ロイター] アイルランドの泥炭湿地で、”保存状態が非常に良い”2人の先史時代の男性遺体が発見されたが、調査により判明した事実が関係者らを驚かせている。
1人の遺体は現代の整髪用ジェルの様なものを使用した痕跡があり、また他方は身長約2メートルで、今までに発見された鉄器時代の遺体の中で最も大きいものだという。

鉄器時代の男性、整髪料を使用していたことが判明 | Excite エキサイト : ニュース
え゛。ジェル・・・すか?

「彼は巨人のような存在だったでしょう。もう1人の方は身長約1メートル60センチと小柄ですからね」と、アイルランド国立博物館のネッド・ケリー氏は話している。

なんかここまで読むとそもそもの鉄器時代てのが嘘ぢゃないの?と思ってしまいますが・・・。
2メートル、というのは今でも巨人ですが、先史時代ではもうありえないくらいの長身です。人類は先史時代から現代までに寿命もさることながら平均身長は伸び、体型も変わってきているのでちと怪しいなぁ・・・。

BBCラジオでケリー氏は、「背の低い方は自分を大きくみせようと、”ジェル”を使って頭髪をモヒカンのように立てていたと思われます。ジェルにはフランスから輸入された樹脂を使用していたようです」と説明した。

そんなことから「見栄」ってあったんですねw
あとモヒカンの祖、だな。こりゃ・・・・。
フランスから輸入された・・てどうやって。ドーバー海峡越えたのか?ん?怪しすぎるw

外見を意識してジェルを使っていた方は、「Clonycavan Man」と名付けられ、約2,300年前のアイルランド社会で輸入化粧品を購入できたことから、裕福な人物だったと考えられている。また、背の高い方は「Oldcroghan Man」と呼ばれている。

いやいや、だから「輸入化粧品」て概念がないし、裕福、というのも農耕民族・・・ヨーロッパの場合は城塞都市以降か?いずれにせよ経済つー観念がないんぢゃないの?w
BBCということは英国国営放送なのである程度マヂメだとは思いますが、ちょっと英国人の行き過ぎたウィットのような気がしないでもない。
まぁちょっとした話のねたにはなりますが・・・

 - トピック