sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

総選挙的スワッピング、とわ。

   

英総選挙前に流行っている淫らなスワッピングとは……
Excite エキサイト : ニュース

英国総選挙でまたもや。えらい事やってます。

例えば、労働党が保守党に勝つ可能性がまるでない選挙区で労働党支持者が、保守党候補を落とすために自由民主党に投票する。
この労働党支持者はあらかじめネット経由で、自民党が保守党に勝つ可能性がまるでない選挙区の自民党支持者と票の交換を約束しており、この自民党支持者は労働党に投票するのだ。

つまり、労働党絶対不利の地域の有権者は、別の自由党絶対的不利の地域の有権者とそれぞれお互いの投票権を入れ替えて投票する、ということです。英国では比例代表制度、つまり政党に投票して候補者リスト優先順位順に当選する、といった制度がないため、こういう「選挙レジスタンス」的な行為に走っているそうな。
けど・・・ちょっと考えられないですね。日本だと公職選挙法に違反しそうな気が。

バックリーさんはロイターに「このサイトを利用している人は単に自分の票をスワッピングしているんだけど、かなり多くのカップルが成立しているよ」とコメント。
「全国のあちこちでオージアスティック・ボート・スワッピングが行われ、民主主義の活力が交換されているんだ」

オージアスティック・ボート・スワッピング、というんだぁ・・・
けれど、まぁそれだけの人たちが熱意を持って選挙を見守っているわけで、選挙のたびに投票率が下がっている日本と比べるべくもないですねぃ。

 - トピック