sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

結局ソフトバンクのiPad mini retinaが最強だった件。

   


先日SIMフリーのiPadが出ましたけど、実際どうなんでしょう?というエントリを書いたのですが、結論、今更ながらSoftbankのiPad mini retina 16GBのスマホタブレット割の契約をしてきました。8月まではこれが最強だと思います。

SIMフリーiPadがApple Storeで出たけれども。 « sima2*blog

というのも、8/3までの申し込みで「iPad購入サポート」というのがあり、これを本体一括購入に適用すると、4.1万とiPad mini retina wifiと同価格で買えてしまうんですね。セルラーモデルが。

実際ソフトバンクショップで買ったときは本体購入分のポイントをいきなり割引適用して、40,552円でした。
そして9月からは容量2GBになるとはいえ、スマホタブレット割の月額費用は、一括購入でも月々割が適用されることでなんと1,072円/月。
比較してみると、

プラン 本体購入価格 月額費用 総支払額 備考
SB スマホタブレット割
+iPad購入サポート
(+ポイント適用)
40,552円 1,072円 66,280円 2年縛り/8月まで7GB/テザリング可
Apple Store SIMフリー
+IIJ Mio
55,944円 972円 79,272円 いつでもやめられる/1GB/テザリング不可?

となります。
2年縛りで考えるのはSIMフリーはフェアではないですし、今後下がる可能性は大なんですが、ショッキングなことにドコモMVNOのSIMカードがダイヤルプロファイルのアップデートで軒並みテザリング不可になる、という話もあったり、この表で本体ですでに1.5万の差が出てしまっているので、月1,000円で考えても1年3ヶ月はSIMフリーも運用しないとSBプランよりパフォーマンスしない、という逆縛り状態の捉え方もあります。

また月額が大差なくても容量は今で7倍、9月以降も倍の開きがあるので、ちょっとこれじゃぁSIMフリーiPadを買う理由がまだないなぁ・・・と思った次第。

他の容量だとどうなるかは計算してませんが、少なくともmini 16GBはこんな感じでした。

 - iPhone/iPad, トピック , , , , , ,