sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

米国ポッドキャスト利用者数、今後大爆発の兆し

   

 調査会社Diffusion Groupは今週発表した調査レポートのなかで、2004年には84万人だった米国のポッドキャスト利用者数が、2010年には5600万人に達するだろうと述べた。携帯音楽プレイヤー所有者全体に占めるポッドキャスト利用者の割合は、2004年時点では15%未満だったが、2010年にはこれが75%を占めるようになるという。

ポッドキャスト利用者数、2010年には5600万人に–米調査 – CNET Japan
2004年時点で15%未満、つーのが既にすげーな、って感じです。


これを逆に読むと今回のレポートでの携帯音楽プレイヤーの所有数の「読み」が見えます。
2004年は84万人が携帯音楽プレイヤー所有者の15%未満。
2010年は5600万人が    〃         の75%。
つまり2004年の米国のシリコンプレイヤーユーザーは約600万人。
2010年には約7500万人。米国人口が大体2億9000万として、米国人4人に1人がポッドキャスティングを利用する公算、ということですね。

今回のDiffusion Groupの数字ですら、他の調査会社が発表した予測値をはるかに上回っている。たとえば、Forrester Researchは2005年4月に、2010年末までには全米の1230万世帯がMP3プレイヤーを使ってポッドキャストを聴くようになると予想している。

んー、世帯、てテレビじゃないんだからw
けどこれらの数値を見てると「まだまだ読めないけれど、とりあえずポッドキャストが爆発的に普及する」ということだけは見解が一致してるようです。それと同時にシリコンプレイヤーもすごい勢いで売れる、ということも。
アップルの株押さえとこうかしらw

 - トピック