sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

私大生の仕送り額減少。

      2012/09/24

私大生も不景気のあおりなんですかね。

首都圏を中心とする私立大に平成23年度に入学した下宿生への仕送り額(6月以降の月平均)は11年連続減って9万1300円となり、昭和61年度の調査開始以来、最低だったことが9日、東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の家計負担調査で分かった。

私大生の仕送り、11年連続減 過去最低の9万1300円 – SankeiBiz(サンケイビズ)

首都圏ですから、これって家賃相場がやっぱりワンルーム6万くらいなんでしょうね。そうすると31,300円がその他で・・・食費で消えますね。で、バイトもするわけで、親御さんは学業に専念してほしいでしょうが、子供はバイトしないと全く遊べない・・・、という構図ですか。

前年度より300円減。ピークは平成6年度の12万4900円だった。家賃は6万1千円で、仕送りに占める割合は過去最高の67%に上った。

あ。やっぱ家賃想定はそれくらいですか。ピーク時ってのはやっぱりバブってますねぇ。けどその時って家賃も8万くらいだったろうから、実はあんまり変わらないんじゃないかなぁ。

仕送りから家賃を引いた生活費も毎月3万300円、1日当たり1010円で最低を更新。最も高かった90年度の7万3800円(同2460円)の41%に落ち込んだ。

バブル崩壊直前は今の倍以上あったんですね。まぁデフレ前なんで当時の2500円と今の1010円のどっちが・・・というのもありますが、けど絶対額的に足りないですねぇ。けど親御さんはこれ以外にそもそもの学費を負担されているのでこれ以上といっても・・・ねぇ。

慶応が人気、とかって記事も見た気がしますが、就職率もあんまり芳しくない状況で、これだけのコストかけて・・・親って大変だぁ。

 - トピック , ,