sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

特許収入ランキング1位の大学

      2013/03/10

© by Michael Neubert

米国ではバークレーやMITなど、特許収入のある大学は色々ありますが、日本では一体どこの大学がNo.1なんでしょうか?

「特許収入ランキング」で国内トップの大学はどこか-。多くの人が東大や京大をはじめとする旧帝大グループを思い浮かべるだろう。
正解は「東京農工大」(東京都小金井市)。
意外な結果と受け取るなかれ。他の有力国立大学にはない自由で進取の学風が影響しており、決して“フロック”ではない。

ソース サンケイビズ

東京農工大といえば、ベストセラーとなった『生協の白石さん』のイメージしか無いですが、どんな特許を持ってるんでしょうね?

平成22年度に同大が特許収入でトップに立ったのは、スマホの画面を
スクロールする技術を企業に高額で譲渡したことによる。
しかし、それは10年以上前に特許化した技術にほかならない。
「大学内の産官学連携・知的財産部門のスタッフは常に過去の特許を定期的に点検し、企業が欲しがるシーズ(新技術)が埋もれていないか確認を継続してきた。地道な作業が掘り起こした成果であり、結果的に全国1位になったのではないか」と同大知的財産センター。

一位なのも意外ですが、農大と言いながらスマホ関連の特許を10年も前に出していて、それがいまでも価値があった、というのにも驚きですね。

こういう特許のアイデアはどう言ったところから出てきてるんでしょう?

他大学に比べて民間企業との共同研究が盛んで、教員一人当たりの受け入れ数、金額ともに大学トップクラス。研究活動が外に開かれていることが「産学連携」を加速させている。その連携意識は学生にも強く浸透し、さまざまな“化学反応”を生んでいる。

産学の交流を意欲的にやることで、刺激もありお金になる技術も見える、そういうところがポイント高いんでしょうね。

 - トピック , , ,