sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

格安航空、「快適な立ち乗り」

      2012/09/25

飛行機の立ち乗り・・・効率はいいでしょうがちょっと怖い。春秋航空は真剣に検討しています。

中国の格安航空会社で唯一、日本に乗り入れている春秋航空の王正華会長は上海市内で取材に応じ、
「北海道や南九州のほか東京、名古屋、大阪への路線就航も急ぎたい」と述べ、
“ドル箱”の日本路線拡大に意欲を示した。王会長との主なやり取りは以下の通り。

春秋航空・王正華会長「快適な立ち乗り」で運賃3分の2に (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

--航空旅客の「立ち乗り」を提案しているが

 「近距離の格安航空ならば、必ずしも座席に座らなくても、安全で快適な旅が可能だ。壁にもたれて中腰で軽く腰掛け、離着陸時には腰と両肩に安全ベルトをする方式などが考えられる。180人乗りのエアバスなら約270人が搭乗でき、航空運賃は3分の2に抑えることが可能になると思う」

離着陸時以外はベルトどうするんでしょうか・・・。はずしちゃうと歩く人がでそうな気が。
近距離での運用だとまったく可能性がないとは思いませんが、それだったら座席指定もする必要もなさそうな気がします。まぁ「座席」ですらないですけど。

米国だとすでに近距離の旅客便は普及してると聞いたことがありますが、そこでも立ち乗りの話はないですからねぇ。確かに新幹線なみに気軽に乗れれば便利は便利なんですが、立って乗るくらいなら新幹線で・・という話にもなりそうですし、どこでも空港は市街地のはずれにあるので結局鉄道が・・・という問題がクリアにならないとなかなか・・。

けど英国のライアンエアも検討してました。

【7月7日 AFP】アイルランドの格安航空会社ライアンエア(Ryanair)は6日、飛行中に乗客が立ったままでいる「立ち乗り席」の導入に向けて、米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)と協議していることを明らかにした。

ライアンエア、今度は「立ち乗り席」の導入を検討 国際ニュース : AFPBB News

 - トピック ,