sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

市の名前、豊田市と天理市の場合。

      2012/09/25

大阪泉佐野市が市の名前を売る、というので物議を醸して居ますが、市の名前が過去変わったケースとしてそれぞれ豊田市と天理市の話がありました。

トヨタ自動車が本社を置き、「企業城下町」として知られる愛知県豊田市は
以前、挙母(ころも)市だったが、市商工会議所が1958年に「車のまち」を
全国にアピールしたいとして名称変更の請願書を市へ提出。市の担当者によると、「当時は市を二分するほどの議論になった」というが、最終的には市議会の議決を経て、翌年に現在の名称になった。

へー。感覚的には豊田市だからトヨタ、ぐらい定着した感がありますが元々は挙母市、と言ったんですね。

奈良県天理市は、1954年、天理教が普及していた丹波市(たんばいち)町など3町3村が合併して誕生。
天理教側は市の名称を「山辺(やまのべ)市」と提案したが、宗教都市として
知名度を上げるため、あえて市名に「天理」の名を付けることになったという。

かたや高校野球でもお馴染み、天理市は市町村合併の際に町おこし的に市名が決まった、と。それも教団側の提案ではない所が意外。山辺、ってあの辺りの地形でいえばその通りかもしれませんが何処にでもある名前ですからこれも成功事例と言えるでしょう。

さて、泉佐野市はどうなるんでしょうねぇ?

 - トピック , , , , , ,