sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

大証ヘラクレス、システム負荷で新規上場申請凍結

   

大阪証券取引所は5月26日、ヘラクレス市場への新規上場申請を一時凍結すると発表した。同市場では注文件数の急増にシステム増強が追いつかず、約定処理と株価情報配信に遅延がたびたび発生してている。来年1月末に新売買システムに切り替える予定で、申請再開はこれに合わせる形で11月ごろになるとしている。

ITmediaニュース:ヘラクレス新規上場を一時凍結 システム耐え切れず
証券取引所のシステム負荷で新規上場申請を止める、というなんとも理解しがたい問題が起こっています。


ただでさえ大証は村上ファンドから内部留保の問題で突っつかれているのに、こっちの問題は半年ぐらい解決しない、ってのはちょっと投資の仕方に問題ありますね。これこそ緊急事態で時間を金で買ってでも対処しないといかんのではないの?と。

大証は昨年4月と11月の2回、売買システムのCPUアップグレードを実施するなど、改善策を講じてきた。だが今年4月以降に注文が急増。現在は2年前と比べ約18倍に達した。このためシステムが耐え切れず、寄り付きや活況銘柄の大口約定などで遅延が発生し、投資家から苦情が出ていた。

対応がCPUアップグレードすか。なんともまぁ。
2年間で18倍、というのは確かに大きな数字ではありますが、逆にシステムの冗長性がなさすぎな訳です。活況になるのは市場として喜ばしい事な訳ですから、それを見通せずに上場審査延期、てのはちょっと筋が通らないわけで。
ヘラクレスのIPO準備を証券会社とやってるところは辛いでしょうねぇ・・・待つかマザーズに変えるか、JASDACにするか・・・。

 - トピック