sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

埋没費用

   

調べ物をしていて出てきた項目。勉強になりました。

埋没費用(まいぼつひよう)ないしサンク・コスト(sunk cost)とは、事業に投下した資金のうち、事業の撤退・縮小を行ったとしても回収できない費用をいう。

埋没費用 – Wikipedia

これだけだとなんのこっちゃ、という話なんですが、例示されている文章が結構示唆に富むので紹介しときます。

ある映画のチケットが1800円であるとする。しかし映画が余りにもつまらない時、1800円払った映画を見るべきか、それとも映画館を出て残りの時間を有効に使うかが問題となる。

  • 映画を見るのを止めた場合:チケット代1800円は失うが、残った時間を有効に使うことができる。
  • 映画を見続けた場合:チケット代1800円に加え、約2時間(上映時間)を失う。

この場合、チケット代1800円が埋没費用となる。この埋没費用は、どの選択肢を選んだとしても回収できない費用である。

ということですね。
で、ここからが示唆に富む部分で、

このとき、時間を浪費してまで、つまらないと感じる映画を見続けることは経済学的に合理的な選択ではない。一方、残りの上映時間を有効に使うことは合理的な選択であるといえる。しかし、多くの人は「1800円がもったいない。元をとならければ。」などと考え、つまらない映画を見ることに時間を浪費してしまいがちである。

・・・そうですね。なんかそれで不満ながら回収した中途半端な満足感というか・・・結局なんか気持ち悪い、みたいな感じになるかもです。

次の例は1800円のチケットを無くした、という前提で、

まず、はじめにチケットを購入したということは、その映画を見ることが1800円の代金に値すると感じていたはずである。ならば、再度チケットを購入してでも映画を見ることが経済学的には合理的な選択となる。既に紛失してしまったチケット代は前述の埋没費用にあたるものだから、二度目の選択においてはこれを判断材料に入れないことが合理的だからである。しかし多くの人は「その映画に3600円分の価値があるか」という基準で考えてしまいがちである。

まぁ価値と心理的なハードルとをごっちゃにしました、という話ですね。

事業とかだと、もうツライ状況なんだけれど投資した資材があるから「使わないともったいない」・・・とかって理由で続けちゃうのが、結局従事している人たちの人件費とかでさらに一層傷口を広げてしまう・・・という状況で、投資資材がいわゆる「埋没費用」にあたるわけです。

投資費用を利用し続けることで償却した「感」を追求してるんですが、そこにお付き合いしている人たちの費用や資材の設置場所の家賃の方が実はランニング費用で総額はでかい・・・みたいな。

・・・こわいですね。

 - トピック