sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

吉本もポッドキャスティング参入

   

吉本興業のグループ会社であるベルロックメディアは7月29日、吉本興業の所属タレントが出演するポッドキャスティングステーション「Radio ZZZ」を開設したと発表した。

吉本芸人がポッドキャスティングで笑わせまっせ – CNET Japan
各所からのポッドキャスティング参入に拍車がかかってきました。やっぱりファクトリーメイドなものから広まりそうです。


この実際のポッドキャスティング配信サイトはこちら。
Radio ZZZ エンタメ ポッドキャスティング ステーション

石田靖や井手らっきょ、インパルスなどが出演する10分程度の番組を15種類以上用意し、ほぼ毎日更新する。配信形式はMP3で、エンコーディングレートは56~96Kビットとなる。利用料は無料だ。

タレントPRもかねて、という感じですね。聞いてみましたが、ジングルとかはそれなりに入ってますが・・・録音状態があまりよくない。ちょっとオフマイク気味なのでビットレートが低いと余計に聞き取り難いというか・・・ラジオ番組とかと比べるとクオリティが落ちますね。残念。
制作サイドも手探りでしょうから、今後クオリティがアップしていくと思います。しかしこの辺の動向に関して、インターFMや吉本など、規模的に小回りが効く、またはオンリーワン系が先駆けて動いているのが印象的です。
米国ではABCやCNNなど大手もガンガン動いていて内容のあるものが増えてきてますが、この辺での日本で言うところの大手、FMやTV局、新聞社その他・・・・はやっぱりゆっくり腰を上げる事になるんでしょうね。
時に雑感ですが、日本ではまだ「ポッドキャスティング」自体が知られていない事もあって、配信されている番組が「これぞ最新の!」みたいなのをすごく強調している嫌いがあります。インターFMのやつは「Next Generation of RADIOOOOO!」みたいなのとかw 吉本のも本編は芸人さんのしゃべくりなのにジングルはブレイクビーツだったりw
CNNのやつだったと思いますが、短いニュース番組自体を指して「Brain Candy」と表現してたのがなんか足が地に付いた感じでいいと思いますた。

 - トピック