sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

再利用できないことに価値があることもある。

   

マンホールを守れ!窃盗対策のためにコンクリート製に | Excite エキサイト : ニュース
南アフリカでは鉄製のマンホールのフタを盗んで、溶かして鉄としてうっぱらっちゃう窃盗団が暗躍していて、それに頭を痛めた当局が対策としてコンクリート製のものに代替していっている、というニュース。

ジュミール・チャンド広報によれば、何夜かに渡りごく狭い領域で、合計25のマンホールが深夜に盗まれたという。この地域は街灯が少ないため、フタの無いマンホールは住民とって非常に危険だ。

めちゃめちゃ危険です。マンガではないのですから。

新しいマンホールカバーは、主にコンクリートとポリマーでできていて、従来のものより重くなっている。これは簡単に固定でき、それと最も大事なことに、実質的に再販価値が全く無いということだ。

再販価値がない、ということが重要なのですね・・・。所変われば、というやつです。

マンホールを守れ!窃盗対策のためにコンクリート製に
[ 2005年03月19日 07時22分 ]
[ヨハネスブルグ 18日 ロイター]南ア・ヨハネスブルグの水道局によれば、現在の鋳鉄製マンホールをより重いコンクリート製のものに変えるという。これは、深夜にマンホールを盗み鉄くずとして売る窃盗団から、マンホールを守るための措置だという。
ジュミール・チャンド広報によれば、何夜かに渡りごく狭い領域で、合計25のマンホールが深夜に盗まれたという。この地域は街灯が少ないため、フタの無いマンホールは住民とって非常に危険だ。
「私たちは個人の犯罪ではなく、犯罪組織による犯行だと疑っています。おそらく、車に乗って盗みにやってくるのでしょう」という。
鉄のスクラップは、南アフリカの黒人居住区では非常に大きなビジネスになっている。ショッピング・カートを押してゴミ漁りをする人が、何か落ちてはいないかと毎日車道を歩いている。ヨハネスブルグ水道局では、盗まれたマンホールカバーは売り飛ばされた後、すぐに溶解されるのではないかと考えている。
新しいマンホールカバーは、主にコンクリートとポリマーでできていて、従来のものより重くなっている。これは簡単に固定でき、それと最も大事なことに、実質的に再販価値が全く無いということだ。
最初の新型マンホールカバーは、窃盗が多発する市内中心地で設置されることになるだろう。
[日本語翻訳・D姐]

 - トピック