sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

俺の愛は・・・燃えるほど熱いぜ!・・・燃えたし。

   

オーストリアのホエニグスブルクに住むハネス・ピーセク君(20)、一緒に暮らしていた恋人を喜ばせるために、フラットの床に220本のろうそくをハート型に並べて立て、それに火を点けた。

海外ボツ!NEWS
あーあ。参ったねぇ・・・。

そしてコートを羽織り、仕事に出ていた彼女を車に迎えにいたが……
帰ったらビックリすることがあるよ、などと言いながら帰宅して心臓が止まるほどビックリしたのはハネス君のほうだった。
なんとフラットが火に包まれていたのだ。

そりゃそうだろうよ・・・。そりゃ燃えるわな。

外出している間に、ろうそくの炎が室内に引火したのだ。結局、アパートは全焼。さらに、アパートとともに愛も灰になってしまった。彼女、ハネス君のあまりの間抜けさに愛想を尽かし、実家に戻ってしまったのだ。

恋は盲目、とはよく言ったもんだ。またこういう事件はブログねたになりやすいんですね。
私もやってますが・・・w

この話、かなりイマジネーションを刺激するみたいで、みんな結構、凝った見出しを付けている。
「男の愛が家を全焼(Man’s hot love burns down home)」「情熱の炎を誤ったやり方で煽ったロメオ(This Romeo chose the wrong way to fan the flames of passion )」「愛の炎がバックファイア(Flames of love backfire)」

うーん、英語に堪能なわけではないですが、Love burned. ぐらいシンプルでもいいんぢゃない?

 - トピック