sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

乗客持ち込みの「着ぐるみ」着て・・・やっぱ怒らりた!

   

カンタス航空係員が勝手に乗客のラクダの着ぐるみを着る | Excite エキサイト : ニュース

[シドニー 8日 ロイター] オーストラリア国営のカンタス航空では、乗客が持ち込もうとしたらくだの着ぐるみの服を荷物チェック係が勝手に着たという前代未聞の失態に赤っ恥をかいている。
乗客のデビッド・コックスさんは、数分前に搭乗手続きをして機内に預けた自分のらくだの着ぐるみを着た手荷物係が、滑走路を横切っているのを見た。

いや、普通に見たら面白い風景なんですけどね。子供とか見たら大喜びしそうな。

マーケティング・マネージャーのコックスさんは、らくだとクロコダイルのコスチュームを“動物のコスチューム入り”と書いた大きなバックに詰めて、カンタス航空シドニー発メルボルン行きの425便の機内に預けた。

そんな・・・罪作りな・・・誘ってるやん・・・。

コックスさんは搭乗ゲートのそばに立っていた時に、「シカの頭をした人が居る」という子どもの声を聞いて、シカではなく自分が預けたらくだの着ぐるみを誰かが着ているのに気が付いた。

やっぱ子供は敏感です。何に関しても。

「あぜんとしましたよ。開いた口がふさがらないというか…」とラジオ局のインタビューにコックスさんは答えた。

ええ。われわれもこのニュースを見て唖然としました。

金曜部にカンタス航空の最高責任者ではるゲフ・ディクソンは、この件は調査中だと発表した。問題の荷物係は、空港内の巡回カメラの映像により身元が判明していて、懲戒処分になっていて、解雇も検討されている。

あぁ・・・ちょっとしたイタズラ心が・・・イタズラはいやずら。

「今回の事件は、勤勉なカンタス航空職員としてまったく容認できない事態です」のディクソンは声明で述べている。
「我々カンタス航空は、荷物のセキュリティに対しての懸念が高まっていることを承知しております」と語った。

特にシカの着ぐるみのセキュリティには注意してください。

 - トピック