sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

中国でのiPhoneって。

      2013/03/10

CNNの記事の中で、中国におけるiPhoneやiPadのステータス性の高さがわかる話がありました。

大切な相手との利益関係を円滑にするための贈り物としても、iPhoneとiPadは物を言う。
上海の実業家はiPadが中国本土で発売される以前、香港で買ったiPadを少なくとも20台、車のトランクにストックしていると話していた。「政府当局者が最も喜ぶプレゼント」がこれだという。

CNN.co.jp : なぜアップルは中国で愛されるのか – (2/4).


政府関係者が喜ぶ…それてつまりワイロ?金額的には大した事ないですが、それだか中国では入手が難しいんですかね?

アップル製品を持たなくてはいけないという社会的プレッシャーは、特に富裕層の間で大きい。中間層の消費者は、たとえ高級車や高級時計には手が届かなくても、iPhoneを見せびらかせば十分いける。

それもあって中国ではiPhoneの偽物とか多いんでしょう
か。既iPhone6が出てたりしますしw

国内にもスマホを作っている会社があるにも関わらず、iPhoneを追い求める…ある意味日本の輸入車に対する憧れと似たものがあります。時計も言われてみればそうですね。

同国の通信大手3社の中で、アップルのiPhoneを扱っていないのは、約7億が加入する最大手の中国移動(チャイナモバイル)のみ。第3世代(3G)ネットワークに移行してもiPhoneが使えないという理由で、加入者の多くはいまだに第2世代(2G)ネットワークにとどまっている。

これも意外。それ以外のキャリアでみんなiPhone使ってる、ということですか。2GでiPhone…なんか無理して使う意味が。

うわさされている通り、同社がiPhoneの販売を開始すれば、アップルにとって大きな追い風になるだろう。

そりゃそうです。1%で700万台ですから。初日に何台出た、とかの全世界の数字を軽く超えます。

 - トピック , , ,