sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

不要品回収業者使わないで

      2012/09/25

えーっと、ちょっと民業圧迫でわ?とも思える呼びかけですが・・・

 環境省は、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機を廃棄する際は、不用品回収業者に依頼せず、家電リサイクル券を購入して適正にリサイクルすることを、消費者に対し呼びかけている。

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20120321_520166.html

まぁ実際は回収業者にかなりグレーな人達がいるからこういう呼び掛けをせざるを得ないのですが。環境省は幾つか業者処理による問題点をあげています。

 1つ目は「適性にリサイクルされているかどうか確認できないため」。家電製品はフロンや鉛、砒素などの有害物質を含むため、処理の方法が法令で定められている。
しかし、不要品回収業者が回収した製品のほとんどは海外へ売却され、
輸出前に国内で重機で破砕・圧縮されることで、フロンガスや鉛が放出し、
環境汚染を引き起こす恐れがあるという。

うん、こりゃいけませんね。けどこれってそういう違法な処理を取り締まるべきで、すべからく再生業者ダメ、って話にはまだならない気がします。

 2つ目は、「高額な料金が請求され、トラブルの原因となる」。業者の中には、無料を謳っているものの、処分料を取るものがいるという。料金が請求できるのは、家庭から出る一般廃棄物の収集運搬の許可を持っている業者に限られるため、そうでない業者が請求することは、廃棄物処理法に違反し、刑罰の対象になる。

これもねぇ・・・ありがちなんですけど、この話であれば刑事罰の対象になるんで、そちらをがっちり取り締まればよいのでは?ただ環境省と警視庁だと全く管轄別ですからねぇ・・。

 3点目は、「家電リサイクル法に違反する」。消費者は前出の4品目については、適切なリサイクルに協力することが定められている。

いや3つ目ですか。これが大本でわ・・・?

 同省では消費者に対し、家電4品目を回収する際には、購入した販売店や買い換える販売店でリサイクル券を購入し、引き取りを依頼するという、正規の手順を踏むことを求めている。これ以外にも、郵便局窓口で家電リサイクル券を購入し、自ら指定場所に持ち込む方法でも良いという。

けどねぇ・・・ここまでになってきちゃってるんだったら、逆に指定業者にちゃんと持ち込んだら1000円払います、とかにしちゃった方がいいと思いますけどね。そこまでやると、不良業者、海外横流し系が一気に全滅すると思います。今は払わないと駄目だから持ち込みも面倒くさいし、無料、とか言われると引っかかっちゃうわけじゃないですか。バラマキですけどね。

 - トピック , ,