sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

上場廃止になると株はどうなる?

   

スポンサーリンク

周りの人によく聞かれるので。
ライブドアが上場廃止か?と騒がれていますが、今ライブドアの株を持っているとどうなるか?
それは・・・単純に株券が手元に送られてきます。

スポンサーリンク


上場株式は「ほふり」と呼ばれる証券保管振替機構で持ち株を管理してくれますが、非上場株式はこの制度を利用できません。なので、こういった上場廃止のケースでは株券を自分で管理することになるんですね。つまり株券が手元に送られてきます。
で、ライブドア株は・・・ご存知のようにワンコインで買える1株単位。
つーことは・・・上場廃止になるとすげー数送られてきますね。
100株もってれば100枚。10000株持ってれば10000枚。
10000枚って・・・多分ジュラルミンの箱に入れて持ち歩くような量だと思います。
大変だぁ・・・w
さてその株は無価値・・・?と思う向きもあるでしょうが、そうではなく、ライブドア社が存在する限りは持ち株分の権利を普通に持つことになります。つまり株主という立場は変わりません。また先々で会社が上場したときには・・・大抵そういう時は上場廃止決定時よりも会社の状況はいいわけですから、価値が上がるでしょう。
こういった上場廃止>再上場、といった例では吉野家なんかが有名です。
ただ、上場廃止から再上場までの間には経営再建のステップがあるわけで、今回のライブドアとかの場合はどうか分かりませんが、大抵上場廃止時期に減資、それも無償減資、つまり各株主が持っている株式の価値を減らして再建したりするので、上場廃止が決まってから再上場を待つと儲かる、という話でもありません。
・・という話だったはずw

スポンサーリンク

 - トピック