sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

ベネッセこどもちゃれんじ on Twitterから思うこと。

   

リリースを見た覚えはありましたが、結局リアルタイムで追いかけられなかったベネッセ「こどもちゃれんじ」のTwitter+駅貼りキャンペーンの総括的な記事がファインドスターに出てました。

【特集】ベネッセコーポレーション「こどもがいて、よかった」キャンペーン ~Twitter活用の狙いとその背景にあったもの~ | ファインドスター 広告ニュース

連動Twitterアカウントはこちら。

こどもちゃれんじ編集部 on Twitter

今年4月、株式会社ベネッセコーポレーションは、渋谷駅のホームにTwitterと連動した「こどもちゃんじ」のポスター広告を掲出した。このキャンペーンは、Twitterの同社キャンペーンアカウント「@kodomo_happy」で、「こどもがいて、よかった」というエピソードを募集。投稿されたつぶやきがシールとなり、掲出されたポスターに毎日少しずつ張り出されていくというもの。

見とけばよかったですねぇ。渋谷駅って何線でやってたんだろ。

今回のキャンペーンは、Twitterという新しいメディアを使ったことで話題性も出て、さまざまメディアに取り上げてもらう結果となりました。そういう意味でも成功だったと考えています

(こどもちゃれんじすてっぷ編集長 川端宏美氏)

その観点では大成功でしたね。旬の物というか、ニュース性は確かにありました。見てないですけど駅張り広告もよさげですし。

「企画を考え始めた3月の頭の時点では、主要な駅に駅張りをするという大枠だけが決まっていて、誰に何を届けるのかという部分は白紙でした。<中略>もともと販促がミッションではなかったので、通常私たちがターゲットとしていない、まだ子どもがいない若い層の人たちにも興味を持っていただけるように、Twitterを使ったり、日々変化していくような仕掛けを作ったりしました」(川端氏)

・・・どこも大枠と期限だけきまってる、てのはあるんだなぁ・・としみじみw
まぁそこで子供が居ない層にアピールしよう、とか、Twitter使いましょう、とかって肉付けはいいタイミングですね。Twitterの関連書籍はコンビニの棚にも並んじゃうぐらいだし、子供、てのは「少子化」をすぐに想起させますし。

ただやっぱこうなっちゃうのねー、と思うのが、

■キャンペーンアカウント「@kodomo_happy」の今後について
<中略>
「今、フォローしてくださっているお客様は大切にしていきたいと考えています。具体的にどう活用していくのかは社内で調整しながらという段階ですが、ここで積極的に販促をしていくのは難しいかもしれません。

そうなっちゃうんですよね。
別にそれが悪いというわけじゃないんですけど、たまたまGrouponの記事でちょっと触れた、

最近見るTwitterのプロモーションが、結局単発企画系で結局フォロワーがいずれ捨てられそうなものか、逆に企業ベースで一昔前の企業RSSの変形でしかない(だらだらPRが流れてくる)ものかが多いなかで、

Groupon sima2*blog

このパターンになっちゃう。

別に「正しいTwitterアカウントの使い方」とかもあるわけじゃないので、使い捨てになろうが雑多になろうがなんでもいいんですけど、それだと今までのバズマーケティングとか何とかかんとか、とかとあんまり違わない。後はまた次のメディアに行くだけ。

回し方も事後で見ましたがちょっといただけない。

@kaz*o**** 「こどもがいて、よかった。」ご参加有難うございます!渋谷駅駅貼り広告に掲載させて頂きました。ご連絡が大変遅く申し訳ありません。最新動画 http://bit.ly/bO1Nt1 追って写真もUPしてつぶやきます。
10:11 AM Apr 4th HootSuiteから
@***m*ma 「こどもがいて、よかった。」ご参加有難うございます!渋谷駅駅貼り広告に掲載させて頂きました。ご連絡が大変遅く申し訳ありません。最新動画 http://www.youtube.com/watch?v=EYSf5Ek_30A 追って写真もUPしてつぶやきます。
10:09 AM Apr 4th HootSuiteから
@ats**o_s* 「こどもがいて、よかった。」ご参加有難うございます!渋谷駅駅貼り広告に掲載させて頂きました。ご連絡が大変遅く申し訳ありません。最新動画 http://www.youtube.com/watch?v=EYSf5Ek_30A 追って写真もUPしてつぶやきます。
10:08 AM Apr 4th HootSuiteから

こどもちゃれんじ編集部 on Twitter

んー。丁寧だと思いますけど、他のフォロワーから見るとこの流れはなんなんだろ?と思われちゃうので残念。

・・とかって批評を斜に構えてするのもいいですが、こういう企画をもう代理店がやる感じじゃない辺りがほんとは一番凄い・怖い話だと思いますた。

 - トピック , ,