sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

フェンシングの決勝記録を訂正・・・?

   

日本フェンシング協会は19日、トルコで行われているユニバーシアード・イズミル大会の男子フルーレ団体の日本-イタリア戦の決勝記録を「45-22」から「45-32」に訂正すると発表した。 

Yahoo!ニュース – 時事通信 – フェンシングの決勝記録を訂正
は。えーっと・・・・それで何が変わるんでしょうか・・?
そもそもフェンシングってそういう風に点付けるもんだったんですね。


調べてみましたw

フェンシングの試合は基本的に3分間5点先取で、電気審判機のランプによって突いたかどうかを判断します。フェンシングはとにかく突けばいいわけですが、ただ突いてるだけで勝てるほど世の中甘くはありません。

活動内容
3分間5点先取・・・・じゃぁなぜ上のやつは45-32?しっかし、このページはフェンシング部の活動内容の説明ページみたいなんですが、ちょっと面白い。「基本的にフェンシングはマイナーだ」という前提で書かれてますw

練習について
 はじめに私たちの練習内容について説明します。基本的に自主練です。自分がやりたい練習内容をそれぞれがこなします。「海辺で一夏の恋をしたい」と思ったら筋トレで体を鍛えてもいいですし、「アカギを超えたい」と思ったら麻雀しててもいいですが、大半の人はフットワークの練習とファイティング(実戦形式の練習)をしています。練習時間の中で都合のいい時に練習できるため、バイトや勉強で忙しい人でも大丈夫です。

海辺でひと夏の恋になぜ筋トレ?w
アカギを超える、て・・・一般的なんでしょうか・・・

フェンシングと聞くと「ああ、あの全身タイツね」とか「ユニフォーム白いけどパ○ウェーブと関係あるの?」とか言う人も多いと思うので、ここでフェンシングの説明をします。

パナウェーブネタは懐かしいですなw

もともとはヨーロッパの剣術をスポーツとして改良したのがはじまりで、2人の選手がピスト(試合場)で剣を用いて相手を突いたり斬ったりするものです。ひとえにフェンシングといえども「フルーレ」「エペ」「サーブル」の3種目に分かれていて、普通は3つの中から1つか2つを選んで練習します。

なるほど。ちょっとべんきょになりましたっ

 - トピック