sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

フェラーリの保険金

      2012/07/17

結構な事故でしたがやはりネットでよく言及されていたのが、今回のオーナーの方々の保険加入と補償がどうなるのか?の点。そんな記事がありました。

山口県の中国自動車道で4日、フェラーリやランボルギーニなどの高級スポーツカーを中心に
14台が大破した多重衝突事故。
被害総額は2億円から3億円とも試算され、「世界で最も高額な事故」として、国内外で報道された。

幸いにして死者や重傷者はいなかったものの、事故車の内訳は、フェラーリ8台、ランボルギーニ1台、
ベンツ3台。もっぱら気になるのは、事故を起こしたドライバーに、保険金が支払われるのか否かだ。

http://diamond.jp/articles/-/15278

今回最初に事故を起こした車は80キロ制限区間を150キロ以上で走っていたとされていて、そういう意味では一発免停の速度超過だった訳ですが、

大手損保幹部によると「難しい判断だが、飲酒運転していたわけでもなく、
経験上、支払われる可能性の方が高いと思う。『重大な過失』と判断するハードルはそれほど高い」
と話す。

これだけ有名な事故になってしまって奇しくも損保会社からすると所謂「判例」となり得る事案なだけに対応は金額を考慮にいれなくても難しい対応になりそうです。

ちなみに保険料は年間で60万を下らないとのこと。まぁ支払は高額だから出来ない、とかはあり得ないし、リスク考慮しての保険料設定ですから大丈夫なんでしょうけど、今後は「ユーザーグループ加入の場合は割高」設定とかは関係者の頭をチラリとかすめたはずw

 - トピック, 自動車 , ,