sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

パチンコ屋の「サクラ」になりませんか?で振り込め詐欺

      2012/04/16

青森県弘前市の主婦(58)が、パチンコ店の“サクラ(客寄せ)”でもうけられると電話で誘われ、出玉の「保険料」名目などで現金計約77万円をだまし取られたと弘前署に被害届を出した。警察庁には同様な手口は全国から報告されておらず、新手の振り込め詐欺として署が注意を呼びかけている。

MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題
振り込め詐欺:パチンコ店のサクラに誘い、主婦被害

オレオレで一躍有名になった振り込め詐欺も内容がどんどん巧妙になってきています。


パチンコ屋のサクラ、つまり客寄せの為に入り口周辺などに、いかにもたくさん出ているお客を仕込みで配置する、という仕組みはパチンカーなら誰でも聞いたことがあると思いますが、「それってホントなの?」みたいなある種都市伝説化しているもので詐欺とは・・・心理戦になってきてますね。

調べでは、主婦は8月下旬、「全国遊戯システムビジネスセンター」という架空の会社から、玉がよく出ていると他の客に見せかけるためのサクラを募集するダイレクトメールを受け取った。記載された番号に電話すると、男の声で「必ず勝てるように台を遠隔操作する。出玉の5割が取り分になる」と誘われた。

この手口を見ると、単純に電話だけではなくてDMまで使ってやっているよう。
信頼させるための手段だと思いますが、最初は普通にDMから、ということは電話のみの方法にくらべてかなり効率は悪いはず。裏を返すとそこまでしてでも儲かる、ということですか。
恐らくこの主婦の方へのDM送付自体も、パチンコ店の会員名簿であるとか、もしかしたら多重債務者の名簿だとか、そういった個人情報漏洩系のデータで送られていると思いますが・・・怖い世の中になったもんだ。

男は「10万円コース」など、出玉の金額に合わせたコースを紹介し、「出玉全部を持ち逃げされないように」と保険料の振り込みを要求した。主婦は「100万円コース」を申し込み、指定された保険料20万円を関東の銀行口座に振り込んだ。

コース設定とかも手が込んでますね。「絶対儲かる」という所を信用させれば10万円コースよりも100万円コースに申し込むのは当然でしょう。100万円で保険料20万、てことは10万円コースは2万円、という計算ですが、実際は5万円とか、ちょっと不利な条件になっているはず。「自分で選んだ」と認識させることが大事ですから。

いつまでたっても勝てない主婦が詐欺に気付き届け出た。署には、ほかにも数件、同様な相談が寄せられているという。

この全く関係ない店舗・設備を使ってあたかも何か関係があるかのように保証金・手数料を振り込ませる、というのは債務処理などの詐欺と似てますね。つまりそういう業界の人も加担している、ってことなんでしょうか・・・?

 - トピック