sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

バルス(franc franc)が上場廃止!?

   

バルスが続落、2部重複上場も材料出尽くし感
asahi.com

先週の日経でみて上場廃止で整理ポスト行き、とかって書いてたので、あぁ、そういやー下方修正してたよなー、と思ってたら、JASDAC→東証2部上場で期間が重複してただけなんですね・・・というバルスは、実はfranc francやJ.、agitoなどをやっている会社です。
BALS Corporation
Franc Franc
それだけなんですが。

バルスが続落、2部重複上場も材料出尽くし感
——————————————————————————–
 バルス(2738・東2、JQ)は、この日から東証2部に重複上場となったが、しっかりした寄り付きから前場引け値は、2000円安の17万7000円と続落した。18日に東証から2部上場が承認され、3日間で1万円幅の好感高を演じており材料出尽くし感から売りが先行している。また、同社自体、18日に2005年1月期業績を下方修正しており、改めて反省材料となっている面もある。同社の前1月期業績は、売り上げが期初予想より10億5400万円下回り189億9300万円(前々期比13%増)へ、経常利益は2億2600万円減額の10億9800万円(同61%増)へ、純利益は1億1400万円ダウンの4億5000万円(前々期は9600万円の黒字)へ引き下げられた。急回復予想は維持したものの増収増益率はやや縮小、一部地方都市での商業構造変化による顧客動員の減少や香港子会社の売り上げ減が響いた。同社は、昨年9月にも7月中間期業績が小幅減益となり株価を下ブレさせており、この再現となるか2部上場後の最初の試練となる。なお、同社株はこの日から整理ポストを割り当てられ1カ月後にジャスダック証券取引所から上場廃止となる。一方、同じくこの日に2部上場となったエー・アンド・ディ(7745・東2)の前場引け値も、26円安の11955円と続落した。 (02/25)

 - トピック