バミューダ・トライアングルに海底都市跡発見 | sima2*blog

sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

バミューダ・トライアングルに海底都市跡発見

      2013/03/10

20121026-081859.jpg
バミューダトライアングルの海底に遺跡が。

謎のバミューダ・トライアングルと呼ばれる海域の海底調査を行っていたカナダの学者ポール・ワインツヴェルグ氏とポリーナ・ザリツキ夫人は、キューバ東岸の北方700メートルの海底に水中都市を発見した。

カナダの学者夫妻 バミューダ・トライアングルの海底に都市の跡発見: The Voice of Russia

バミューダトライアングルといえば、この海域を航行する船や飛行機が謎の行方不明事故になる、といういわく付きの海域ですが、その海底にピラミッドなどの建造物後が発見されたという…ミステリアスな話ですね。

ソーナーから撮った映像には、4つのピラミッドが見え、そのうちの一つはガラス製で、又スフインクスや幾つかの一枚岩でできた構造物も見られる。さらに建物の壁には、碑文が刻まれているのも分かる。Peru Punto comが伝えた。

ピラミッドはともかく、スフィンクスはエジプトでは?と思いますが、そういう彫像なんでしょう。碑文には何て書いてあるんでしょうね?

発見者の学者夫妻によると、建造物は古代ラテンアメリカのテオティワカン文明を連想させるものとのこと。

 

夫妻は又、なぜ長い間、この海底都市について何も知られていなかったのかについて仮説を示し、アメリカ人はすでに1960年代、この海底都市を発見していたが、カリブ危機が起こったため、調査用の施設は閉じられ、発見されたものが管理下に置かれてしまったからではないかと推測している。

その割には記録が残ってないのは変ですね。1960年代ならそんな前では無いですから、当時の新聞やら何らかの記録はありそうな。

いずれにせよこれから調査が進んで色々わかると楽しみです。

 - トピック , , , ,