sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

ノートPCで子供ができなくなる?その2

      2010/04/06

Wired News – ノートパソコンで不妊症? 研究者が警告 – : Hotwired
ノートパソコンをひざの上においてカタカタやることで、PCの熱が股間に伝わって温度上昇、子供ができにくくなるかもよ、という先日も取り上げた内容ですが・・・一番ショックなのは

 「診察前に患者に書いてもらう問診票に、私は熱い風呂やサウナに入るかという質問を設け、もし子どもを作ろうとしているのなら止めるべきだと伝えている。これからは、ノートパソコンを使っているかという質問を加えるつもりだ」とシェインキン準教授は語った。

え゛!熱い風呂とかサウナもアウトなの!?

ノートパソコンで不妊症? 研究者が警告
Amit Asaravala
 ニューヨーク州立大学ストーニー・ブルック校の不妊治療研究チームが最近行なった研究によると、仕事時にいつも膝の上でノートパソコンを使っている男性は、子どもを作る能力に問題が出る可能性があるという。
 研究チームでは、ノートパソコンから熱が発生するうえ、膝の上に直接パソコンを載せると、これを支えようと腿を閉じた姿勢になって熱がこもることから問題が生じるとしている。この熱が陰嚢に伝わり、温度が数度上昇して、精巣が機能不全となる危険範囲に達する可能性があるという。
 研究報告書は若い男性に、ノートパソコンを机やテーブルなど膝の上以外の場所に置くことを勧めている。
 今回の研究を率いたイェフィム・シェインキン準教授は、「予期せぬ結果を招く恐れもあるので、10代の少年や若い男性に対しては、ノートパソコンの膝の上での使用を制限することを強く推奨する」と述べている。シェインキン準教授は、ストーニー・ブルック校の男性不妊治療とマイクロサージェリー[顕微鏡下で行なわれる外科手術]の責任者でもある。「誤解しないでほしい──ノートパソコンはとても便利で役に立つ。しかし気をつける必要はある」
 陰嚢、精巣の温度が摂氏1度上昇するだけで、健康な精子の生産量が最大40%も減ることは、科学者の間でかなり前から知られている。今回のストーニー・ブルック校の研究では、電源の入ったノートパソコンを膝の上に置いて1時間座っていた被験者は、陰嚢の温度が平均で摂氏2.6度から2.8度上昇するという結果が出た。
 被験者は自発的に参加した21歳から35歳までの29人で、同じ人たちが、ノートパソコンを膝の上に置かずに、腿を閉じて1時間座るという実験も行なわれた。この場合、陰嚢の温度は平均で摂氏2.1度上昇した。この結果は、ノートパソコンが発する熱だけでなく、ノートパソコンを支えるときの姿勢も、陰嚢の温度上昇の原因となっていることを示唆している。
 実験には2つのブランドの『ペンティアム4』搭載機が無作為に使われた。ブランド名は明らかにされていない。さらに、パンツやズボンの違いによるばらつきをなくすため、2回の実験で被験者全員が同じ種類の衣服を着用するよう求められた。被験者の陰嚢の温度は、陰嚢の両側に取り付けた機器で数分ごとに測定された。
 この実験では、被験者の実際の精子生産量は測定されていない。
 そのため、ノートパソコンのユーザーが使い方を改めるのは、さらなる研究結果を待ってからのほうがいいだろうと、アイオワ大学医学部の泌尿器科に所属する男性不妊専門家、モーシュ・ウォールド氏は示唆する。ウォールド氏は今回の研究には関わっていない。
 「今回の研究では、確かに(陰嚢の)温度上昇は確認できた。また、温度の上昇が精子生産に影響するかもしれないことがわかっている以上、詳しく調べた方がいいだろう」。しかし「現時点でノートパソコンの使い方について強く推奨するのに、私は乗り気でない。研究はまだ初期段階なのだ」とウォールド氏は述べた。
 シェインキン準教授も、ノートパソコンの使用と男性不妊との関連性を証明するにはさらに研究が必要なことは認めているが、これまでの研究の結果だけをみても、特に子どもを作る考えがあるノートパソコン・ユーザーに対しては、注意を促す必要があると感じているという。
 「診察前に患者に書いてもらう問診票に、私は熱い風呂やサウナに入るかという質問を設け、もし子どもを作ろうとしているのなら止めるべきだと伝えている。これからは、ノートパソコンを使っているかという質問を加えるつもりだ」とシェインキン準教授は語った。
 今回の研究結果は『ヒューマン・リプロダクション』誌の2005年2月号に掲載される。
[日本語版:高橋達男/長谷 睦]

 - トピック