sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

ソーシャル風評で工場閉鎖。

      2013/03/10

[7日 ロイター] 通称「ピンクスライム」と呼ばれるアンモニア水で防腐処理された加工肉を製造するビーフ・プロダクツ・インク(BPI、米サウスダコタ州)は7日、販売不振に伴い、自社が抱える4工場のうち3工場を閉鎖すると発表した。
安全性をめぐる懸念などこの商品に対する批判が背景。

ロイター
このエントリで取り上げた食肉工場、BPIが、結局工場閉鎖となりました。
ピンクスライム騒動の真実。

BPIはテキサス州のアマリロ、カンザス州のガーデン・シティ、アイオワ州のウォータールーにある工場を5月25日で閉鎖。
ネブラスカ州のサウス・スー・シティの工場では生産量を縮小して操業を続ける。

同時に650人が失業。安全性の真偽は分かりませんが、一連の話でビジュアルが先行した嫌いはあると思います。結果ソーシャルで広まって業界大手からの取引停止で実業にもヒットするくらいの影響が。
リアルとバーチャルが、とか言うつもりはありませんが、ソーシャルの暗黒面をまざまざと見せられた気がします。

 - トピック , ,