sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

スカイツリー移転遅れる

      2013/03/10

元々の目的がちょっとおかしな事になってます。

東京タワー(333メートル)から東京スカイツリー(634メートル)=今年5月開業=への電波塔移転が、当初予定の来年1月から大きくずれ込む見通しとなったことが27日、NHKなどへの取材で分かった。

エキサイトニュース

別に東京の新しいランドマークを造るのが目的ではなく、東京タワーに変わる電波塔として建造された東京スカイツリーですが、どうやらそのまま移行すると、テレビの視聴不可世帯が想定以上に出る、と。

スカイツリーのアンテナは東京タワーより200メートル以上高い位置にあり、ビル陰などによる受信障害は大幅に減少すると予想されていた。ところが、今年7月からNHKと民放各局が共同で、スカイツリーから試験電波を出して受信状態のサンプル調査を始めたところ、電波が強すぎることやアンテナの向きが原因で、全く映らない世帯が方角や地域に関係なく見つかった。

電波が強すぎる。そういう障害もあるんですね。遠くに届くけど近くは届きすぎ。ドーナツ状態になるんですかね?

障害の全容把握のための電波試験には、東京タワーの電波を止める必要があり、視聴者の多い昼間の試験となると影響も甚大だ。

東京タワー以降、初めての首都圏大電波塔の建造ですから、思ってもみないことが起こるのも仕方がない部分がありますが、わざわざ障害を起こさないと試験出来ない、ってのはちょっと。その試験方法を模索した方が早いんじゃ?

NHKのある幹部は「1月の移転は無理。アナログ放送と並行した地デジ化とは異なり、今回は一夜で行うため、それまでに難視聴世帯対策を完了する必要がある。5月までに解決したいが、莫大(ばくだい)な追加費用がかかる」と戸惑いを隠さない。

期間限定でケーブルテレビの斡旋をした方が早そうです。

総務省関東総合通信局は「受信対策をしっかり行って、早く移転日を決めてほしい」と話している。

監督省庁は意外と他人事なのね。

 - トピック , , ,