sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

スカイツリーのお天気カメラは丈夫。

      2012/09/25

スカイツリーにはお天気カメラが付いてるんですが、何しろ地上400mぐらいの所にあるので、耐風性?がすごい事になってます。

 東京スカイツリーに設置されたテレビ各局の「お天気カメラ」が8日、始動する。高さは都内一となる地上375メートル。ヘリによる空撮なみの映像を常時撮影できるようになる。

ソース 朝日新聞デジタル

これまで最高度だったのが180mとのことで、倍の高さからの撮影。

 

高所ゆえに天気の影響は受けやすい。雲中に隠れ、下からも横からも雷に襲われる可能性が高まることから「避雷には万全の対策を取った」(テレビ朝日)。フジは毎秒110メートルの風速にも耐える設計だ。

さて、風速110mってどれくらい?という事で調べました。

10m/s 樹木全体が揺れ、電線が鳴る。雨傘をさしていると、壊されることがある。
15m/s 取り付けの悪い看板が飛ぶことがある。
20m/s 身体を30度くらいに傾けないと立っていられない。風に向かっては歩きにくい。
子供は飛ばされそうになる。
25m/s 屋根瓦が飛ばされる。樹木が折れる。煙突が倒れる。
30m/s 雨戸がたわんで、敷居から外れ吹き抜かれる。屋根が飛ばされることがある。
しっかりしていない家が倒れる。電柱が倒れることがある。
35m/s 列車の客車が倒れることがある
40m/s 身体を45度に傾けないと倒れる。小石が飛ぶ。
50m/s たいていの木造家屋が倒れる。樹木は根こそぎになる
60m/s 鉄塔が曲がることがある。

http://www.bo-sai.co.jp/typoon.htm

うわ、60mの時点で鉄塔が曲がるそうです。110mだとスカイツリーも、、、?

 - カメラ, トピック , ,