sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

オンライン広告、我慢は15秒まで。

      2012/09/25

動画コンテンツ視聴のときに、まずCMを見ないと内容に進めないやつってありますよね?あれってどれくらいまでなら我慢できるか、というデータが出てました。

動画などの無料コンテンツを視聴する際、視聴前にオンライン広告を見なければならないとしたら、あなたは何秒まで我慢できるだろうか?米 Poll Position が2012年1月15日に実施した調査によれば、我慢できるのは15秒までという人が全体の過半数を占めていることがわかった。

オンライン広告、何秒まで我慢できる? ― 米 Poll Position 調査 – インターネットコム

それぞれのパーセンテージは以下。

15秒まで 54%
30秒まで 12%
45秒まで 4%
60秒まで 3%
特に意見はない 27%

対象は全米成人1,179人とのことで、まぁ参考にはなるでしょう。30秒までで70%弱ですから、やっぱりだらだら長いのはだめなんでしょうね。

年代別に見た場合、18歳から29歳の層はオンライン広告に対して最も不寛容。60秒の広告に我慢できるとした人の割合は0%だということがわかった。逆に、最も寛容なのは45歳から64歳の層。45秒の広告を待てるとした人が7.4%、60秒でも我慢できるとした人が4.4%いた。

若年層はやっぱり60秒は無理。年配の人は結構ゆったり・・・。それから考えると年代によって広告の長さを変える、たとえば若年層は極論5秒ぐらいのインパクトのある内容にするけど、年配の方にはストーリーのある内容にする・・とか。同一の広告だとつらいでしょうが、分けるとターゲティングできるわけですし面白いかな、と。

そもそも日本のCMは15秒単位ですが、米国はどうなんだろう・・・?と調べたら意外に記述はなくって、こんな感じでした。

In the 1950s and 1960s, the average advertisement’s length was one minute. As the years passed, the average length shrank to 30 seconds (and sometimes 10 seconds), but more advertisements are now shown during the break.

Television advertisement – Wikipedia, the free encyclopedia

昔は1分ぐらいだったのが、最近では30秒ぐらい、ということらしいです。10秒があるみたいですが。
それから考えるとネット動画に若年層がいかにイライラしているかもわかりますね・・・w

 - トピック , , ,