sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

オフィスのトイレもクラウド化を目指してね

   

スポンサーリンク

Fringe81社長ブログでおしろいな、と思ったパラグラフがありました。

大抵の場合、100坪以下のオフィスでは男性向けトイレの「大」はひとつです。2つあるベンチャー経営者のみなさん、あなたはすごいです。私は全くわかりませんでした。

ミドルステージベンチャーの移転/引っ越しで体験したことまとめ | Fringe81百人力日記

スポンサーリンク

下の話ではありますけど、会社は人の集まるところなので、生理現象も頭に入れた形で環境づくりをしないとだめだよね、という実はすごく重要な内容です。

私もたまに飲食店とかで気になるんですよね。飲食店ってバックオフィスにトイレあるのかなー、って。コンビニにいたるとほんとなさそうじゃないですか。「保安のために従業員も使うことがあります」とか書いてますけど、保安以上に切迫したときにお客さんが入ってて使えない、となると営業にも影響するし。

で、振り返ってみれば、会社のトイレ(男子・個室)は3つなんですけど、結構並んでるんですよ。男性多いもんで。オフィスビルって男女イーブンでトイレ設置してますけど、会社によっては構成比が50:50じゃないので結局並んで待ってる。つまり足りてない。ピークタイムに容量が足りてないw

これをネットに置き換えると、サーバ・回線をピークにあわせる=コスト整合性が取れない=クラウドで需給に合わせて対応、となるんですけど、オフィスビルのトイレはそうは行かない。けど使う側から見れば個室待ちの列は何も生んでない。本人も苦痛なだけです。

で、オフィストイレのクラウド化ってどんなんだろう・・・?と考えたわけです。
ピークタイムに救命胴衣みたいに天井から新規便座が降りてくると笑えるんですけど、誰も使わないしトイレの水まわりにそんなスペースないし。

そうするとタイムシェアリングみたいに、稼働率が低いトイレに稼働率オーバーのフロアからアクセスできるようにするのがいいのかな、と。けど各フロアのテナントからすれば、自フロアに他フロアから人が来ちゃうのは保安上もいただけないでしょうから、じゃぁテナントフロアじゃないところにトイレを設置・・・となると、古いデパートによくある、階段踊り場にトイレがある形式がいいんじゃない?と考えました。

これならトイレの個数も基本1フロア分減らせるし、コスト減だしいいじゃん!と思ってみたものの、けどじゃぁ最近のデパートだとあれ見ないよなぁ・・・あ。「バリアフリー」だ。トイレがバリアフリーじゃないオフィスビルなんて生産性以前の問題。

・・・素人考えではやっぱり結論出ませんけど、やっぱオフィスビルのトイレはクラウド化してほしいなぁ。

スポンサーリンク

 - トピック , ,