sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

ぼくはいま、トイレにむちゅうです。

      2013/03/10

White Toilet Bowl in Malaysia © by epSos.de

「ぼくはいま、トイレにむちゅうです」。

トイレの開発者を目指し、熱い思いを作文につづる小学2年生が話題になっている。

時事通信

なんの事かと思いきや、小さい時にやりたい事がはっきりしているのはいい事だ。

勇樹君は不動産関係の仕事を営む父嘉範さん(59)と一緒に住宅を回るうち、最新の多機能トイレに興味を持った。自分の部屋はカタログだらけ。独自の洗浄方式とデザインが気に入り、パナソニックのショールームに毎日通った。販売員を質問攻めにし、いつまでも便器を眺めて飽きない姿で人気者になった。

何に興味を持ったのかは分かりませんが、この入れ込みようは素晴らしいと思います。トイレ、と言われるとパナソニックはあんまりイメージ無いですけどw

噂が会社に伝わり、念願の工場見学も実現。

質問を受け続けた開発担当の男性社員は、「憧れの対象がイチロー選手ならともかく、われわれというのが…。こんなにうれしく、勇気づけられたことはありません」と話す。

そりゃ戸惑いますよね。

勇樹君が将来作りたいのは「もっと節電できたり、コップ1杯の水で流せたりする夢のトイレ」。
開発担当は「うれしいと同時に、中途半端なものは作れないと身が引き締まる思い」と、簡単に水に流すわけにはいかない様子だった。

結びがちょっと無理やりです。
ちょうど別のニュースでビルゲイツ財団が新興国への次世代トイレの事業を手掛ける!という話がでてましたが、この子が将来的にそこで活躍したりするといい話ですね。

 - トピック ,