お昼寝制度導入。 | sima2*blog

sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

お昼寝制度導入。

      2012/09/24

Napping © by bengarrison

パワーナップ、つまりお昼寝制度を導入している会社の話。

住宅リフォームのオクタ(さいたま市、山本拓己社長)は、社員の就業中の仮眠を認める「パワー・ナップ制度」を3月下旬から導入した。
経営陣の提案による同制度に、社員は「居心地の良さを感じる」と歓迎ムードだ。

ソース Yahoo!ニュース

眠い時には一旦ちょっと短くても睡眠を取ると確かにリフレッシュ出来ますが、制度があってもなかなかおいそれと利用しづらそうですが…?

同制度では、社員に1日に1回、15~20分の短い仮眠を認めている。
事前申請は不要。眠くなったタイミングで、各自が自主的に眠りに入る。
デスクに枕を置いて寝る、言葉や表示で伝えるなど、仮眠中であることが分かるようにすれば、周囲が電話を回さないなど配慮する。

おっと、普通にその場で寝ちゃうんですね。ふと見たら寝てる、と言うのが普通にあり、と。

建築業界では、職人が昼食後に少し昼寝をして、午後の仕事への集中力や安全性を高めている。

確かによく現場で寝てる方いらっしゃいますね。あれって時間余りました、って話じゃなくて意識的にやられてるんですか。

今回それをヒントに導入に踏み切ったとのこと。実際社員の方の反応は…?

実際に同制度を利用している社員は「最初は本当に寝てよいのかという戸惑いがあったが、徐々に周囲に浸透してきた。
眠気のある状態で寝ないことに集中しているよりは、10~15分程度の休憩を
とったほうが、逆に仕事の効率が上がることを実感している」と、その効果を語る。

そりゃそうでしょうねぇ。楽は楽なはず。

経営陣が「体のリズム優先で働いてよい」というメッセージを発したことで、社員の安心感や信頼が増すと同時に、適度な自由が認められたがゆえの責任感も生まれている。

 - トピック , , ,