sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

「偽装」現実の危険性

   

バーチャルリアリティ、いわゆる「仮想現実」と似た概念ですが、「人をだます」事を目的にしたのをこう呼ぶそうです。原文ではCounterfelt Reality。米国で特に広まっているとか。
偽装現実技術の光と影 – CNET Japan


記事によるとこの「だます」という行為も2つに分けられるようですね。表現手法として「騙し」を使う場合と、単純に人をかつぐための技術と。

Tupac Shakurは1996年にこの世を去ったが、彼に関連するニッチ市場がその死後に生まれている。
 GartnerアナリストのFrank Kenneyによると、彼のレコードは2003年に700万ドルを売り上げ、またその死後にも何枚かのアルバムが新たにリリースされているという。彼の最新の曲のなかには、リミックスによって、イラク戦争に言及しているものもある。また最近出されたビデオのなかには、役者の顔の上に彼の顔の映像がかぶせられたシーンがあり、まるでそれが撮影されたばかりのように思える。

これは2pacの例ですが、この場合は商業的な価値創造なので前者でしょう。ちょっと前にカップヌードルのCMで永瀬正敏が過去のあちこちの歴史的瞬間の映像のバックでカップヌードルを食べている、というのがありましたが、それと同種です。しかし米国での2pacのケースは色々な弊害も出ています。

 Tupacがまだ生きていると信じている人もいるようだが、Kenneyはこの現象を、最近広まっている偽装現実の1例と見なしている。

「真に受けている」人たちがいるんですね。上のカップヌードルのCMとこの2pacのCD/ビデオの例はある意味「マジック」と「超魔術/心霊術」に類推することもできます。うそである事を前提にその技術を賞賛される為に行うか、それともタネを秘密にして全てを神秘化してしまうか。

 「心理学者によると、読むよりも、見たり聞いたりしたときのほうが、はるかに自分の中でイメージをつくりやすいということだ」とGartnerのアナリスト、Daryl Plummerは言う。

百聞は一見に如かず、といったところでしょうか。人間の弱点を端的に表現しています。

それに、写真は出回るのも速い。2001年、崩壊した世界貿易センタービル(WTC)の瓦礫の中から見つかった使い捨てカメラのフィルムを現像したとされる写真が、多くのニュースで取り上げられた。これらの写真のなかには、展望台のデッキにいる観光客の背後に、まさに旅客機が衝突しようとしている瞬間をとらえたものもあった。
ただし、この写真にはおかしな点が3つ含まれていた。まず、旅客機が実際とは異なる方向からWTCに近づいてきており、また旅客機の機種も実際とは異なっていた。さらにテロは午前中に起こったはずなのに、この写真では夕暮れどきになっていた。それにもかかわらず、多くの人たちがその写真を本物と信じ、報道機関もそれをニュースで流したのだった。

これらはこの弱点を突いたダークサイドの偽装現実の例ですね。特に9・11は米国ではヒステリックな反応を引き出すのでその分余計に悪質だと言えるでしょう。こういった技術がまだ愉快犯的なカテゴリにとどまらず、情報操作・攪乱などを意図して成功した場合、立派な「武器」になってしまいます。

Bush大統領にも同じような話がある。2002年に、大統領がGeorge Sanchez Charter Schoolを訪問したときに撮られた本を上下逆さに持っている写真が広まったことで、同氏はおつむのできが悪いのではという一部で噂されていた説が信憑性を帯びることになった(この写真は後に合成されたものであることが判明した)。

米国では子ブッシュは頭が悪い、というのが定説ですw 文盲だとか色々な噂がありますが、こういった写真が出てくると確かに信憑性は上がりますね。

 ただし、PlummerとKenneyによると、こんなのはまだまだ序の口で、いずれ偽の文書や写真が法廷にまで持ち込まれることになるという。また、履歴書が完全にでっちあげられる可能性もある。大都市の中心部を5ブロックも歩けば、平均で10回は写真に撮られることになるだろう。データが改ざんされ、行ったこともないところに居たことにされる可能性があると、Plummerは指摘している。

こうなってくると近世の大発明の1つであった「写真」、特に日本語では「真実を写す」と書きますが、それが本当に本物かどうかを疑ってかからないといけない、ということになってきます。いまだとアイコラ等の場合は頭から疑って見てますが、今後可能性として新聞掲載の写真でも個人的に撮った写真でもそういう疑念を持たないといけなくなるかも、ということです。
写真が信用できなくなる・・・というのも怖いことですね。

 - トピック