sima2*blog

ネットのよもやまをお茶の間に

「マリファナ禁止」の標識が大人気。

   

20060207sign.jpg

[アムステルダム 6日 ロイター] アムステルダムにマリファナ喫煙を禁止する新しい交通標識が導入され、国際的な関心を集めている。

アムステルダムに「マリファナ禁止」交通標識 | Excite エキサイト : ニュース
もう、国際的な関心どころか・・・おもろいですw


画像を見つけたのはここ。
Telegraph | News | Souvenir hunters steal drug signs

2月1日に設置された最初の標識は、すぐに盗まれてしまった。市議会は世界初とみられるマリファナ禁止標識の販売を決定している。

標識を「販売」ですよ、販売。公共のサインが商品になっちゃった、と。市議会が決議しちゃう、って頭柔らかすぎですねぇ。

広報担当者によれば、400人以上が「マリファナ禁止」標識を買いたいと市に申し出ている。値段は送料別で90ユーロ(およそ13000円)。
「購入希望のおよそ75パーセントは米国からです」とのこと。さらにシンガポール、オーストラリア、スカンジナビア諸国およびドイツからも関心が示されているそうだ。

大反響w もう500万売り上げ見通しが立っている「標識」w
これでニュースになったことでさらに引き合いは増すでしょう。米国引き合い、ということは・・・これはドル安要因になるのか?w

オランダでは、少量のソフトドラッグの所有および使用は合法とされている。ドラッグ問題への対応で、他のヨーロッパ諸国と衝突することもある。フランスは、オランダが国際的なドラッグとの戦いを台無しにしていると批判している。

はい、最後にちょっとだけ勉強になりましたねw

 - トピック